記事詳細ページ

「条件交渉」の裏側 〜年収アップ、納得の入社へ向けた活動の流れ〜

「条件交渉」の裏側 〜年収アップ、納得の入社へ向けた活動の流れ〜:画像


転職で年収アップ!」というような広告や求人サイトをご覧になったことがある人も多いでしょう。

 

ほんてんだがや?(本当だろうか?」というのが正直な気持ち、じゃないでしょうか。

 

実際のところ、「大幅アップ!」を果たせたという人はそれほど多くありません

・基本給がちょっとあがったり、賞与や新たな手当がついて1〜2割アップする
・入社時は若干ダウン、入社後の昇給で生涯賃金的にアップする

というのが妥当なところでしょうか。

首都圏や全国規模の会社から、山形の地場中小企業へUターンする場合ですと、大幅に年収ダウンとなることも多く、Uターン希望者が悩むポイントでもあります。

業種職種で給与水準が違うこともありますから、「転職で年収大幅アップ!」を目指すならば、相対的に給与ベースの高い業界・職種を狙った活動が必要になります。
とはいえ、異業界異職種から未経験で、となると、初年度は低くなってしまうことも少なくありません。

 


<画像はイメージです>

 

やはり「年収を上げたい」と転職相談にいらっしゃる方は多数いらっしゃいますし、私たちも、基本的に収入が減る転職はオススメしません。(Uターン転職の場合は例外になりますが・・・)できる限り条件の良い転職になるお手伝いしています。
今回は、その「年収アップ」を目指した転職活動を、私たちがどうサポートしているかお伝えします。

 

〜,泙困魯献鵐献磧璽困般銘漫

年齢、経験年数、業界、職種、保有資格などから、大方の相場感をお話しします。
ご相談時点の給与だけではなく、入社後の伸びや昇級ペース、役職等の手当などを勘案すると、現職に居たままの方が良いという判断になる場合もあります。
逆に、相場から考えてもあまりに低い給与設定となっていることがわかる場合もあります。

 

〜企業への応募・選考期間中〜

ジンジャーズは、企業に書類推薦を進める際にあらかじめ希望年収を企業へお伝えしています。その希望年収を前提に選考を進めるため、給与について直接応募者から企業へお話しを切り出すことはあまりありません。
例外として、,妊献鵐献磧璽困帆蠱未靴榛櫃法現在の待遇があまりに悪いとわかった場合には、あえて「年収向上を目指した転職である」ことを直接、応募者から企業へ面接等で伝えるようなケースもあります。

また、入社時に希望年収まで到達するのが難しい場合は、自社の入社後の給与制度や評価制度などについての詳細説明や、どの程度の期間で希望年収に達するかの想定を企業からお話しいただけることもあります。
そのようななかで、企業側から改めて「率直な希望年収を聞きたい」と面接等で聞かれるケースもあります。
 

〜F眥蝓待遇提示の際〜

面接等の選考を通して、「採用内定」となれば、入社時の想定年収が提示されます。
月額基本給・入社時点で確定している諸手当(家族手当やすでに保有している資格の手当など)・想定賞与が明示されます。
この金額は、ジンジャーズにもご提示いただくものですので、口約束等ではなく、入社後に異なる雇用契約をさせられるということもありません
(ただし、賞与については業績の変動や入社時期による算定期間の違いがありますので、入社時の提示額より上下する場合があります)

 

ジンジャーズが企業側に年収の交渉を行うのは、ほとんどの場合△留募・選考前です。の待遇提示がされてからの交渉はあまりありません。
まれに「この金額で入社してもらえるだろうか」と企業側からジンジャーズに相談があることもあり、その場合はすり合わせを行います。

当然、全てが希望通りいくとは限らず、条件がすり合わないこともあり、その場合は残念ながらご縁がなかったということで、内定辞退となることもあります。

 

企業側も応募者も、双方が納得して気持ちよく働ける環境づくりの一環として、上手に交渉を進めるのも、私たちの大切な役割だと考えています。


こんな流れで年収の相談も進めていますので、年収アップを目指した転職を考えている皆さんはもちろん、自分の山形での待遇を客観的に知りたいと思う方も、お気軽に山形転職・ジンジャーズまでご相談くださいね。

2022.03.01:[キャリアアップ情報]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映