記事詳細ページ

転職を考えるための「働く動機付け」〜あなたは何のために働きたいですか?〜

転職を考えるための「働く動機付け」〜あなたは何のために働きたいですか?〜:画像

みなさんは、何のために働いているのか、考えたことはありますか?

転職のご相談にいらっしゃった方には「どうして転職を考えているのですか?」とお聞きしています。
その答えを探っていくと、「どういう思いで働きたいか」ということに結局繋がっている場合が多いと感じます。そこで今回「働く動機付け」についてまとめてみました。

 

「働く」を考える上で「マズローの欲求5段階説」という考え方が参考になります(下図参照)。マズローの欲求5段階説とは、マズローという心理学者が、人の動機付けについて研究しまとめた考え方で、低次の欲求がある程度満たされてくると、より高次の欲求へ段階的に移行するというものです。

ポイントは、「ある程度満たされてくると」というところで、人によって満たされたと感じる度合いはそれぞれらしい、ということ。

 

強いて転職理由に合わせるのであれば、【賃金水準】【休日日数】【残業時間】は生理的欲求・安全の欲求、【職場の人間関係】は帰属の欲求、【賞与】【昇給】は承認欲求、【教育体制】【会社の方針】は自己実現欲求を、それぞれ満たすことを目指していることになると考えられます。

 

「とにかく1円でも多く稼ぎたい」「そこそこ稼いで、あとは好きに生きたい」「みんなと仲良くしたい」「人の上に立って指示命令したい」「賞賛されたい、人前で目立ちたい」「社会貢献したい」というのも、それぞれが思う「働く」を通して得たい自己実現の形と言えるでしょう。

 

しかし、現代において「働く」は、生きるため、生活を支えるためだけのものでなく、帰属欲求、承認欲求、自己実現欲求を満たすものでありたいと考える人が増えています。

 

どの欲求を求めるかに優劣はなく、「個人としてどうありたいか」「どういう思いで働いている人たちと、共に過ごしていきたいか」ということがポイントとなります。

転職を考えるときには、これらの欲求をどういう形で満たしていきたいかを考えてみるといいでしょう。

 

転職しようかどうしようかと悩まれていらっしゃる方は、まずは私たちとの面談で「この先どんな思いで働きたいか」を一緒に考えてみてはどうでしょうか。

 

 

2018.11.26公開/2022.4.11改訂
 

2022.04.11:[キャリアアップ情報]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映