記事詳細ページ

ジンジャーズってどんな会社?vol.2 〜チームで動く〜

ジンジャーズってどんな会社?第二弾です。

第一弾はこちら「転職は目的ではなく手段である」→https://山形転職.com/log/?l=479670

今回も新人・澤村の目線で「ジンジャーズに入社してわかったこと・驚いたこと」をお伝えしますね!

 

 

ジンジャーズ、朝は9時に始業です。

(山形県産業創造支援センター内に入居しています)

 

席が5つあるのですが、みんな思い思いの席に腰掛けます。毎日、代表の広一さんがポットのお湯を沸かしてくれます。(ありがとうございます)

 

そして、みんなが席についたら、「情報共有タイム」

 

ご登録いただいた求職者の情報や、普段まわっているお取引企業の情報を、メンバーみんなで共有する「情報共有タイム」が毎朝一時間ほど設けられています。

 

ジンジャーズはまさに【全員野球】

 

求職者やお取引企業についての『隠し事』はお互いせず、全員で内容を共有します。そのうえで、「●●さんの経験ならA社で活かせるんじゃない?」「○○さんのお人柄、たぶんB社の社長と合わないと思う・・・」というような会話が日常的に繰り広げられています。

 

そうすると、担当コンサルタントのみの視点ではなく、ほかのコンサルタントの視点も十分に入ってくるので、求職者・お取引企業とのマッチングが独断的にならず、より丁寧に進められます。

 

一人のご登録者、お取引企業を、複数人のコンサルタントで担当しているイメージです!

 

 

ちなみにコンサルタントの「個人ごとノルマ」もないです。

小さな会社だから、というのもあるかもしれませんが【全員野球】でジンジャーズそのものが動いているなあと感じています。

 

 

これからもジンジャーズという一つのチームで、地域の企業と求職者の仲人、務めていきますね!

(2020年お正月、全員で湯殿山神社へ初詣にいきました。みんなでおいしい山形のお蕎麦も食べましたよ♪)

 

 

 

それでは、「ジンジャーズってどんな会社?」第三弾の記事もお楽しみに〜smiley

 

 

2020.02.18:[新着情報]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映