記事詳細ページ

【山形で同業他社への転職ってどうなの?】 双方の事情に配慮して『匿名での面談→内定獲得』30代専門技術者の転職体験記

【山形で同業他社への転職ってどうなの?】 双方の事情に配慮して『匿名での面談→内定獲得』30代専門技術者の転職体験記 :画像

山形は、親戚・友人・知人・顔見知りと人間関係や間柄が近いことが多く、地域内での同業や関連会社への転職はなかなか難しいこともあります。



そのような地域事情のなか、ジンジャーズがお手伝いすることで『匿名応募による内定獲得』を果たしたMさん(30代・男性)の転職体験記です。

 

Mさんはご結婚を機に山形へいらっしゃったIターン。
ご縁があって入社した山形の新しい職場でも精力的に働いていたMさんでしたが、Mさんにとっては仕事がやや単調で簡単すぎるものでした。

「今の会社でも悪くはないんだけれど、でも、それでいいのだろうか」

そんなモヤモヤを抱え再度転職を考えて私たちジンジャーズへ相談にいらっしゃったのです。

 

Mさんが専門技術職として豊富な経験をお持ちの優秀な方であるということは、面談の中で十分理解できました。また、仕事に対する価値観や姿勢もしっかりしており、お人柄が誠実でいらっしゃることも面談で伝わってきました。

ただ、Mさんの場合、専門技術職であるが故に、経験を生かして転職をするならやはり「同業他社」「関連業界」となってしまいます。

山形での生活のなかで社内外に友人知人も出てきたところで「転職活動をしていることを誰かに知られたくない」という気持ちと、「同業関連会社以外に、自分の能力をもっと発揮できる会社が他にあるのか」という悩ましい問題を抱えていらっしゃるようでした。


一方、ジンジャーズ取引先であるZ社。
Z社では「優秀な、中堅の専門技術職者がほしい」「社外にはまだ口外していない新規事業へ雇用したい」という求人ニーズをお持ちでした。

採用するに当たっては、新規事業の内容を交えながら説明する必要がありますが、その内容はあまり外部に漏れないようにしたい、という意向があり、エージェントである私も注意を払う必要がありました。

 

経験や知識、仕事に対する価値観から判断すると、MさんとZ社はぴったりだと私は思いましたが、そこに問題が一つありました。
Mさんがお勤めの会社は、Z社と競合でもあり、ある分野では取引もある身近な会社だったのです。

 

こういう場合にどういうことが転職エージェントとしてできるのか。

 

通常通りの書類選考・面接ではMさんにとって「外部に漏れるのではないか」と不安のあるやり方になってしまいます。

Z社も、「取引のある会社の社員に新しい取り組みを話す」というのはリスクに感じます。

また、同業他社に転職する場合は、競業禁止義務にも留意する必要があるため、双方が気軽に会って話しましょう、となりにくいということもあります。

 

競業禁止義務とは・・・

入社時や退職の際に、会社から「◯年間は同業他社に転職しない」といった「競業避止義務」の誓約を求められることがあります。
競業避止義務とは、従業員が在職中に同業他社で兼業したり、退職後に競業行為を行ったりすることを禁止するものです。


機密情報を知っている従業員によって競合企業に企業機密が漏れたり、元従業員が在職中に得たノウハウを元に同業界で新たに事業を始めたりすることで、その企業が損害を受けないように規定されています。


法律上は、「職業選択の自由」が憲法上で規定されているので、競業避止義務規定があっても、同業他社に転職することはできます。

実際に競業避止義務規定があっても、前職の会社が営業上で不利益を被らなければ、基本的には従業員がビジネスで競合する会社へ転職してもほとんど問題になることはないでしょう。

ただ、誓約規定がある会社にお勤めの方は、誓約に署名したという意識もありますから、なかなか積極的に同業他社への転職を考えることはなく、諦めている場合もあるように思います。

また、今後も元上司や元同僚とどこかで接点が出てくるかもしれませんし、地域柄、競合であっても身近な取引先である場合もあるため、辞める時には誠実に、機密情報は持ち出さないなどのモラルを守って転職する必要があります。

 

双方の不安や、競合禁止に配慮して提案したのが「選考前の、匿名での面談」です。

 

Mさんにとっては「個人情報を秘匿した状態で応募先企業の役員と面談し、組織の雰囲気や事業の方向性を知る」ことができ、Z社にとっては「不特定多数に新しいサービスの情報を漏らすことなく、可能性の高い人材にだけ面と向かって、相手の感触を確かめながら新事業部門での採用を検討する」ことができます。

 

Mさんを匿名状態で面談をセッティングし、面談場所も私の手配による外部施設で調整しました。面談時には私も同席し、Mさんに「事前に知り得た内部情報を漏らさない」と約束いただき、一方Z社には、「選考ではないので個人情報を詮索しない」という条件のもと、事業内容や求められるスキルレベルなどを確認してもらいました。

 

そして、この面談が契機となり、双方のご縁が繋がって、同業への転職を果たすことができました。

 

このような「匿名での面談」は、Mさんのように仕事を真摯に考え、自分の会社と相手の会社のことを考えて転職活動をする人と自社の成長のために人材採用に本気で取り組むZ社が存在して、その双方からの信頼を得ている転職エージェントが揃わないとできないことです。

 

地方で同業他社や関連業界への転職はなかなか難しい、という実情は、当分変わることはないかもしれません。私たちも、積極的に進めるものではありません。

ですが、同じ業界にも様々な企業がある中で、より自分の価値観が合う組織で働いた方が幸福度は高いのではないでしょうか。

 

ご登録いただいたお一人お一人が、より幸せな環境で気持ちよく働けるように、私たちは個人と企業の秘密を守り、時には忍者のように活動しているのです。

 

2020.08.31:[転職体験記]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映