記事詳細ページ

【40代の転職体験記】「自分にできること」に目を向けてつかんだ求人とのタイミング〜コンサルタント全員による長期サポートの軌跡〜

【40代の転職体験記】「自分にできること」に目を向けてつかんだ求人とのタイミング〜コンサルタント全員による長期サポートの軌跡〜:画像

今回ご紹介するHさんとジンジャーズのやり取りが始まったのは5年半ほど前。その間、大手エージェント経由で一度転職されたHさんですが、転職先で待遇面の悪化や業務量過多など予想外のことが起こり、改めてジンジャーズとの転職活動をスタート。

ジンジャーズのコンサルタント5名全員が面談・応募先選定・面接同席などでHさんと関わり、長期的にサポートさせていただきました。Hさんとジンジャーズの5年半に渡る活動をぜひご覧ください!

 

 

ジンジャーズさんに初めて連絡したのは2018年秋でした。
当時勤めていた会社にずっと在籍することに疑問・不安を感じ、「転職 山形」で検索したのがきっかけです。エージェントを介した転職活動について知識ゼロだった私に、佐藤大輔さんが親身になって面談してくださいました。

転職を一旦考え直して現職で頑張ってみようと思って続けていたのですが
少し時間を空け2020年秋澤村さんとも面談をし、当時の気持ちや状況をたくさんお伝えした記憶があります。

 

そして、企業への応募をスタートしました。そのときは大手転職エージェント経由で応募したところに内定をいただき、そのことを正直に澤村さんに連絡しました。他社での転職を決めたにも関わらず、優しい言葉で次へのスタートを応援してくださり、後ろ髪を引かれる思いだったことを覚えています。

2021年春に現職に転職後は、自分の代わりが誰も社内にいないポジションかつ業務量の多さとプレッシャーで体調への影響が起きることも多くありました。
また、給与面で募集時と大幅に異なっていることが分かり、収入が年間100万ダウンしてしまい、入社し間もない期間ではあるもののなんとかこの環境を脱却したいという思いは強く持っていました。そこで、2021年秋に、再度澤村さんに連絡し、ジンジャーズさんとの転職活動をリスタートしました。


リスタート後は、応募先選定や面接同席でジンジャーズの佐藤広一さん・吉田さん・青山さんにもお世話になりました。
 

ジンジャーズさんは直接企業を訪問していますし、社風や社内の人間関係まで教えてくださるほか、条件面もしっかり確認してくださるのでとても安心できました。2024年に内定をいただくまで、ジンジャーズの皆さん全員にお世話になり、本当にありがとうございました。

 

 

転職先で思いがけないことが起こり、再度の転職を考えたHさん。そのときに真っ先に私たちのことを思い出してくださいました。

しばらく時間が経ってからでも、どんな些細なことでも私たちにご連絡をいただくことは大変うれしく思います。


 

今回の転職では、私は以下にこだわりを持っておりました。


…牟亠離
簡単に変えることはできない居住地から「無理なく通勤できるか」を重要視しました。「夏、通勤に40分かかる」場合は、冬になるとプラス20〜30分が追加されます。
求人をご紹介いただいた際に、まず確認していた点です。何度か「通勤時間がかかりすぎるので応募しない」と判断したケースがありました。業務内容はどれも魅了的だったのですが、実際毎日通うとなると家庭生活にも影響が大きくなるので妥協できませんでした。

 

「通勤距離」は毎日の生活に直結する大事な項目のひとつであると私たちは考えます。
Hさんも、候補先企業とご自宅から距離が離れておりご自身で応募しないと見送ったケースもありましたし、私たちのほうで「Hさん宅から離れすぎている」とご案内しないケースもありました。
私たちは山形専門のエージェントですので、冬の暮らしや降雪期の通勤も考慮に入れた企業とのマッチングを行っています。

 

 


⊃種
現在の職種にこだわらず、「過去の経験を含め、今の自分は何ができるか」で求人を紹介いただきました。現職及び過去に経験した職種を改めて見直し、経験に少しでも合う求人(かつ,鬟リアしている)は積極的に応募しました。
「したいこと」よりも「何ができるか」を優先したことで、自分一人での転職活動では出会うことができなかったであろう求人情報を目にすることもでき、視野が広がるきっかけにもなりました。
職務経歴書については「応募職種に合わせてアピールポイントを変えて修正しましょう」とアドバイスをいただき、「営業の場合は営業経験を強調」「事務職の場合は営業職を少し弱くし、先方が求めていると思われる経験を強調」などと微修正しました。

書類選考、カジュアル面談、面接と、数多くの機会をジンジャーズさんに紹介いただきました。ご縁がなかったとしても、多くの企業と出会い、業界のことや他職種のことを学ぶことができたのは大きな収穫だと感じています。

 

「異業種でも、可能性があればどんどんチャレンジしたい」
活動中に、Hさんがよく話していた言葉です。これまでと異なる業界や職種へも果敢に臨まれていました。様々な企業と出会いながら、自分にはどんな可能性があるかをHさんご自身で確かめられていたようにも思います。

 



なかなか内定をいただくことができず、サイトの転職体験記で他の方の転職活動期間の短さに落ち込むことも少しありました。
40代ということもあり、急いで判断して良いことはない(大手エージェント経由で入社した現職でそれを学んだので)と思い、自分が納得できるまで粘らせていただきました。


最終的に転職が決定したのは、当初は自分でも想定もしていなかった「事務職」でした。ただ、これまでの経験を活かしての内定をいただいたので、本当にホッとした気持ちでいっぱいでした。
佐藤広一さんが話していた「求人はタイミングだから」は、まさにその通りだと思います。

数年に渡る転職活動でしたが、タイミングが来るまでお付き合いくださったジンジャーズの皆様には本当に感謝しております。本当にありがとうございました。
新しい環境でも、自分らしさを忘れずに積極的に馴染んで行きたいと思っております。

 

 

5年半のなかで、Hさんがジンジャーズからご応募された先は10社に上ります。
なかには書類選考で見送りとなるケース、面接で見送りとなるケース、諸事情から辞退するケースもありました。Hさんは年齢を重ねていくなか、先々への不安が募ったり悔しくなったり悲しくなったりすることも多かったと思います。


そんなときでも、Hさんは

 

あきらめない、焦らない
◇これまでと異なる業界や職種へも、チャレンジ精神と行動力を持って挑む

 

この二つの姿勢が折れなかったからこそ、最終的に内定先との求人タイミングをつかむことができたのだと思います。

 

Hさん、こちらこそありがとうございました!
新天地でのご活躍を心から願っております。

 

2024.07.05:[転職体験記]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映